ニッポンのモノづくり。 ~「墓石」 小野石材店の職人力!|スタッフブログ|株式会社 小野石材店|山梨県の墓石販売・施工・リフォーム 石のエクステリア・ガーデン

0120-35-3042[受付時間]
平日8:00〜17:00

スタッフブログ

ニッポンのモノづくり。 ~「墓石」 小野石材店の職人力!

本山崎石の墓石加工01

こんにちは。大沢です。

いよいよ小野石材店春の感謝フェア
[3月4日(金)、5日(土)、6日(日)]
まで一ヶ月を切りました
私自身もフェアチラシやその他の準備で慌しく仕事をしております。

今回皆さまにフェアで注目してもらいたいのは、小野石材店ならではの『ニッポンのモノづくり』です。
墓石に関しては、日本でも数少なくなっている石工職人の技術力
仏壇に関しては、徳島の仏壇職人がつくる至高の仏壇の展示を。(小野石材店は「国産仏壇セレクトショップ認定店」です。)

その中で今日の記事は、小野石材店の職人製作による墓石のお話です。
仏壇の職人探訪として、徳島出張編のブログも進行中ですが、小野石材店の石工職人も大注目です!

現在フェアに展示する予定の本山崎石の墓石を製作中です。(「山崎石って?」という方はぜひ「小野石材店のフェアを3倍楽しめる、石についてのよもやま話。」をご覧ください!)
自社なので密着取材をさせてもらっています。贅沢ですねw

私自身も入社間もないため、日々仕事を通じて勉強させていただいています。
そんな私ですので、良い意味でお客さまの視点に近づいてお話できると思います。

小野石材店には、熟練の石工職人さんがいます。石の加工を自社でできる技術力を持っていることが強みのひとつです。
入社してから今日まで小野石材店の職人さんを見させていただいて、正直「すごい」と思いました。
私まだまだ若い(年齢非公開ですw)ですが、「墓石をつくるなら、小野石材店の職人さんにお願いしたい」と、本気で思いました。

本山崎石の墓石加工05
(「小叩き」という加工の下準備をする名人 児玉)

本山崎石の墓石加工07
(「小叩き仕上げ」を知らない私に優しく教えてくれる児玉)

※小叩き仕上げとは、片刃(まはた両刃)といわれる道具で石を叩き、筋目を均等につけていきます。小叩き仕上げにすると、石のきめが出て石本来の素質が表現できます。根気と熟練の腕が必要な技術です。

本山崎石の墓石加工12
(小叩きの作業風景。長く培われた技術の粋が石に刻まれていきます)

本山崎石の墓石加工13

児玉に道具を見せてもらいました。刃の削れ具合に凄みを感じます。この写真を撮る前に「ちょっと待って」と児玉。道具に、ある工夫が施されており、「企業秘密だから(笑)」と、ある工夫を外してから撮影。
さすが名人。こうした独自の工夫も名人ならでは。

本山崎石の墓石加工04
(小叩き仕上げの石面。均等に美しく筋目が入れられています。)

墓石は、故人はもちろん、いま生きている方の想いが向けられる場所です。
小野石材店の石工職人のモノづくりは心がこもっています
これは、密着取材(?)を通じて私自身感じたことです。

本山崎石の墓石加工02
(「磨き」加工をする石一筋の石工職人、柴田)

「水磨き」は、切削した石材の表面を砥石で研いで、「荒磨き」したあと、光沢を出すために水を使いながらグラインダーという機械を使い研磨していきます。艶(つや)を出す度合いによって、何度も砥石を取り替えて艶(つや)を出していきます。
水がないと石が焼けてしまう(熱で表面上にムラが出てしまう)ため、水を出しながらの作業になります。

本山崎石の墓石加工03
(使い込まれた道具が物語る技術の匂い)

本山崎石の墓石加工09
(暖房機器があるとはいえ、冷える工場の中で黙々と仕事を続けます。すべては「心のこもった墓石づくりのためです。」)

本山崎石の墓石加工10
(仕上げの入念なチェック。厳しい眼差しの先に、高品質の墓石が生まれます。)

本山崎石の墓石加工11
(何度も何度も確認しながら磨き加工を続けます。その仕事ぶりには、頭が下がります。)

職人の心意気でしょうか。
手間暇かかっても、たとえ損をするとしてでも、良いモノをつくりたい。
という、職人のプライドがとても感じられます。ご先祖様を敬い、いまの家族を大切にするという想いが込められる墓石だからこそ「その人のためにつくるんだ」という意思の強さが伝わってくるのです。

本山崎石の墓石加工08
(石工職人 鈴木。会津人(福島県出身)らしい実直な人柄が、石工職人としての堅実な仕事につながっているような気がします。)

多くの熟練の職人の手を経て、墓石が作り上げられていきます。

本山崎石の墓石加工06
(なんだか気品さえ漂ってきそうです。)

写真を撮影していても、職人の一つ一つの所作がとても美しく感じます。
それは、職人の誇りを持ち続け、積み重ねてきた技術の現れだと思うのです。

春のお客さま感謝フェアでは、この小野石材店 自慢の石工職人による
『本山崎石を使用した墓石』
を展示いたします。

職人の魂がこもった墓石を、春の感謝フェアにてぜひご覧ください!!
私も完成が待ち遠しいです!

以上、「佐川男子」に対抗して「オノセキ男子」の写真集を作りたい大沢でした。

2016/02/12 04:43|墓石・お墓に関すること

このカテゴリの投稿

ページの先頭へ